少年野球 ピッチャー

少年野球 ピッチング コントロールを良くする

少年野球のピッチャーでコントロールを良くしたいと悩んでいる選手、指導者の方へ。

ストライクが入らない、ファーボールを出してばかりというなら考えてみてください。

コントロールを良くするピッチングのポイントは?

一言でアドバイスするなら、"正しいフォーム"と"正しいリズム"で投げることです。

コントロールの良いピッチャーは、常に安定したフォームで投げています。軸足でバランスよく立ち、スムーズな体重移動、いつも同じリリースポイントでボールを離します。

だから安定したピッチングができ、いつでもストライクがとれます。

まずは、軸足でバランス良く立つこと。メジャーの選手などは子供の頃、軸足で安定して立てるようにしつこいくらい練習をするといいます。

安定したピッチングをするための第一歩です。練習方法として、セットポジションをつくり、目線をキャッチャーにおき、軸足で立ちます。左足(右利きピッチャーの場合)を上げるときに、背中が後ろへそれないように注意し、垂直にたちます。

軸足一本で立ち、垂直で一端止めます。その後、軽く膝を曲げ伸ばしし、バランスを確認して、足を降ろします。

これを繰り返し練習します。

安定した軸足で体重移動

軸足で立ち、パワーを溜めながら、前方へ体重移動していきます。ピッチングで体重移動する際のポイントは、お尻の左側(右利きピッチャーの場合)から、キャッチーへ向けていきます。下半身より上半身が先にキャッチャーの方へ突っ込まないようにするのがポイント。

体重移動がスムーズになり、下半身で投げれるようになれば、コントロールも良くなってきます。

リリースポイントを安定させる

コントロールを良くするには、リリースポイントはキャッチャーよりで、いつも同じ位置を心がけます。下半身が不安定で上半身が起きた形ではリリースポイントがバラバラになってしまいます。

ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム

少年野球のピッチャーとして必要な知識がぎっしりと詰まったDVDです。プロのピッチングのノウハウが小学生でも理解できように分かりやすく説明されています。

このDVDを観ると分かること。

・安定したピッチングをするための下半身の使い方
・コントロールを良くし、速球を投げるためのリリースポイントの探し方
・体の力をボールへ最大限伝える身体の使い方
・打者の手元で伸びるストレートを投げるポイント
・ボールを低めに集められるようになるピッチング方法

などなど、他に盛りだくさん。詳しく知りたい方へ>>>ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム


少年野球のピッチャーのトレーニング方法メニュー