少年野球 ピッチャー

正しいボールの握り方

人差し指と中指の間に指が1本から1本半分くらいあけ、その2本の指と親指のでボールを摘むように軽く握ります。

親指は軽く曲げます。親指を曲げないとボールの回転が不足しスピードが出ません。人差し指と中指、親指のをボールの縫い目にしっかり掛かるようにします。人差し指と中指は、腹もしくは、第一関節がボールの縫い目に掛かるようにします。

手のひらとボールの間には隙間をつくります。

リリース時にパワーを集められるように意識する

いくら身体が大きく力があっても、正しいボールの握り方、正しいフォームが出来ていなければ、ピッチャーとして良いボールは投げられません。

握り方の基本は野手も一緒ですが、ピッチャーは1球1球確かめながら、ボールを握ることができます。

ポイントは、決して指先に力を入れすぎないことです。ボールの中心を軽くつまみ上げるような感じで握ります。指先に力を入れるのは、ボールを離す瞬間だけです。

ボールをリリースする瞬間以外は、体に余計な力が入らないように普段から練習します。ピッチングでは、ついつい、バッターを抑えてやろうという気持ちが裏目に出て、力み、コントロールを失うようなこともあります。

余計な力を抜いて、リリース時にパワーを集められるように意識すると良いです。

少年野球のピッチャーのトレーニング方法メニュー