少年野球 ピッチャー

軸足ジャンプ

ピッチャーのための練習方法を紹介します。まずは、簡単な練習から。「軸足ジャンプ」です。足の筋力が鍛えられ、バランスも良くなります。

やり方は簡単、軸足1本でバランスよく立ちます。重心をさげ、垂直にジャンプします。ふらつかないで着地します。これを5〜10回行います。

軸足ジャンプができたら、軸足相撲をやってみましょう。2人1組になって向かい合います。軸足1本で立ち、両手を出して相手を押します。ぐらついてもう片方の足が地面についたら負けです。

投球練習

少年野球でピッチャーとなり、コントロールが定まらないようであれば、ストライクが入る距離から投球練習を始めます。最初から無理してピッチャープレートから投げる必要はありません。

まずは、ストライクを投げることを課題とし、ストライクが入る距離からピッチング練習をします。コントロールが安定してきたら、少しずつ距離をとるようにしましょう。

少年野球のピッチャーのトレーニング方法メニュー