少年野球 ピッチャー

少年野球のピッチングの指導方法のポイント

まず、ボールの投げ方の基本を教えます。ボールを投げるという動作は、簡単そうで複雑動作です。肩や肘はもちろん、上半身、下半身と身体を上手に使わなければなりません。小学生にはちょっと難しい動きもあります。でも、ここを自己流で覚えてしまうと、上達しませんし、故障の原因にもなります。

少年野球のピッチャーは、はじめに正しい投げ方を身に付けることが大切です。決して、腕力だけで投球させるようなことをさせてはいけません。"投げる"という基本中の基本が身に付いていなければ、野球のレベルも上がっていきません。必ず、はじめに正しい投げ方をマスターするように指導してください。

ボールを正しく握れるていることを確認して、ピッチング練習をします。ピッチングといっても、すぐに、ボールを投げ込む練習をするのではなく、"正しく腕を振ること"や"肘や手首を正しく使うこと"を覚えさせます。悪い癖が付く前に正しい投げ方を指導しましょう。

タオルを使ったシャドウピッチングなどで、正しい体の使い方を反復練習します。鏡などの前でやることをススメます。教える側は、動作をチェックしてあげましょう。本人では気付かない点も多々ありますから。

正しい腕の振り方、体の使い方が分かったら、実際にボールを握って、覚えたことを意識してキャッチボールをやってみましょう。

まずは、ここから♪

少年野球のピッチャーのトレーニング方法メニュー