少年野球 ピッチャー

少年野球のピッチャーのトレーニング方法

少年野球ピッチャーを育てる上で、正しい投球フォームを教えるということが一番大切なことです。間違った投げ方を覚えれば、必ずと言って良いほど故障します。「肩や肘が痛い…」と言いはじめます。

それに、間違った投げ方が身についてしまうと、ピッチャーとして素質があっても伸びていきません。中学生、高校生となって、実力が伸びずに、ピッチャーの道から脱落していく選手を見てきました。小学生のピッチャー育成の際のコーチングは重要です。

そして、正しいトレーニング方法を積み重ねることが大切です。間違った練習方法では、実力は伸びませんし、これも故障の原因となります。しかし、反面、少年野球では、ピッチャーの経験が少なく、ピッチングがよく分からコーチの方もいるかと思います。

指導するコーチが正しいピッチングの知識を理解し、しっかりと選手へ伝え、それから投球練習をすることです。身体が大きいからとか、腕力があるからとかでなく、正しい投げ方をできる選手をピッチャーとして選び、しっかりと育てたいものです。

現在は、元プロ野球選手のノウハウなど、正しい野球ノウハウを学ぶことができます。興味のある方は、観てみてください。

ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム

ジョニー黒木は、高度なノウハウを小学生でも分かるように説明するのが上手です。このDVDには、少年野球のピッチャーとして必要な知識がぎっしりと詰まっています

チームのエースを目指す選手、エースを育てる指導者必見です。このDVDで学べることは、

▼プロのノウハウをお父さん、チームの監督やコーチが教えることができます。

▼ピッチャーとして必要なノウハウを小学生のうちから身につけることができます。

変な癖をつくってしまう前に、正しいピッチング技術を習得できます。少年野球のうちから知っておきたいことばかりです。お父さんの飲み代を1,2回削っても、購入したい満足できるDVDです。親子でエースを目指せ!!

続きを読む>>>ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム

川口和久の『右脳型ピッチング上達法』

ご存知ですか?少年野球のピッチャーへの指導のポイントは4つ?

【1】足の上げ方 【2】ボールの握り方 【3】ワインドアップ 【4】セットポジション

多くの方が当たり前に指導していますが…。選手を爆発的に上達させるヒントが、ココに多く隠されているのです。

▼[少年野球専用]コントロールを矯正する足の上げ方とは?
少年ピッチャーはこの方法を試す事により、短期間でコントロールを修正出来るようになります。

▼球威をグングンアップさせる、川口流ボールの握り方とは?
ここをマスターすれば、ボールにキャッチャーまで球威が落ちない回転力が身に付きます。伸びのある速球が投げられるようになるのです。

続きを読む>>>川口和久の右脳的ピッチング術

少年野球のピッチャーのトレーニング方法メニュー